映像授業を受けるコツ!

映像授業を受けるコツ!

スポンサードリンク
塾なしで医学部に合格できる優等生!

映像授業を受けるコツ!

映像授業を受けるコツ!

 

映像授業と実際に先生が行う授業(塾)の差はなに?

 

今まさに子どもの教育環境は大きく変化しています。
ネット環境が整ってきたことで地域格差や経済格差が縮まりつつあります。

 

これまでなら、身近に通える塾がない場合や塾の費用の問題などで
通える子供とそうでない子供には学習環境に大きな差がありました。

 

しかし、映像授業の充実でその差が縮まりつつあるのです。

 

ただ、
都会から離れた地域では何のためらいもなく映像授業を選択できますが、
これまで通塾に問題がなかった生徒も映像授業を選択できることで
映像授業と実際に先生が行う授業(塾)のどちらに重点を置くのか?
その選択に悩む状況がでてきたのです。

 

そこで効率よく映像授業を受けるために考えておかなければいけないポイントをあげてみました。

 

映像授業を受ける側の子供の性格などを考慮して、
映像授業と実際に先生が行う授業(塾)のどちらに重点を置くのか?決めましょう。

 

 

映像授業を受けるために考えておかなければいけないポイントとして
最も重要なことが、

 

映像授業は寝ていても真面目に見ていても誰にも気づかれない注意されない!

 

そして、メリットやデメリットを考えると

  • 先生が行う授業(塾)だと周囲の生徒の影響も受ける。
  • 先生が行う授業(塾)だと経験不足な先生やバイトの可能性がある。
  • 映像授業は「一流の講師」の授業が多いので質が高い。
  • 部活などで塾の時間が合わなくても映像授業なら問題はない。
  • 映像授業は授業後にわからないところなど直接聞けない。
  • 映像授業は先生が行う集団授業塾より費用が安い。
  • 映像授業は問題を解くための補助教材が必要になる。

 

このようなことが考えれます。

 

これらを考慮して、映像授業に重点を置くのか考えるべきです。

 

ただ、ひとつ言えるとしたなら、どちらを選択しても
授業を受ける生徒(子ども)次第だと言えます。

 

さらに、小、中、高、と学ぶ過程で、気をつけておきたいのは、
一人でも、しっかりと学べる習慣は重要です。

 

なぜなら、大学に合格できたとしても、まだまだ学びは続きます。

 

例えば、医師国家試験など卒業時に受ける資格試験などは
学校任せではなく、自分でしっかり学ばなければならないからです。

 

医学部医学科の学生は医師国家試験の勉強を5年生で始めます。
医学部生向け2大国試予備校(テコムやメック)の国試対策ビデオ講座を使って学ぶのです。

 

まさに、映像授業で学ぶわけです。
また社会に出てもビジネススキル向上にも映像授業は必須となりつつあります。
これはスマホの普及によるものだと思います。

 

とにかく、これからは益々映像授業は発展していくことと思います。
なので、時間的な効率も費用的な面でも映像授業での学び方に慣れておくと有利です。

 

 

映像授業は、自分で学ぶ習慣をつけることで無理なく有意義に学べます。

 

 

映像授業はこれからの時代の新しい学び方として定着するでしょう。

 

中学生・高校生にはおすすめの無料動画授業!それが「Try IT(トライイット)」です。

 

 

トライイットなら、いつでも、どこでも、実力派講師陣 による映像授業を永久0円で見ることができます。
https://www.try-it.jp/

 

 

小学生にオススメの映像授業!!

 

近くに良い塾が無い。通塾が不安。など

都心にくらべ地方では自分に合った塾や予備校を選ぶことができません。

遠くの塾に通う不便もなければ、通塾の為の送迎の手間もありません。

また子供の安全面からも注目を浴びている勉強法がインターネット学習です。

家庭学習の習慣付けにも最適な勉強方法です。

 

↓↓↓続きはコチラのページ↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お子さんの 低迷する成績 を伸ばす対策は?】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 中学受験偏差値UP スタディサプリ 勉強サプリ 口コミ! 国立大医学科合格